上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(-_-)ゞ゛ウーム たあたんです。

今日も中体連だったので朝から娘を送ってきました。

倅は昨日負けたんですが女子の応援と見学で友達の親が送ってくれました。

その後ご近所の公園に散歩です。
IMG_0904_convert_20080713223253.jpg
てってけて~快調です^^

ロングリードも買いまして使ってみました。
IMG_0901_convert_20080713223505.jpg
こんなに伸びます。

長く伸びていいんだけど、使い方が下手なので足に絡まっちゃいます^^;

使うほうの練習も必要だw
IMG_0907_convert_20080713224447.jpg
満足そうな顔だと思う・・・^^;

その後は試合観戦してきました。

結果は実力を発揮できないまま敗退しました。(ノ_<。)うっうっうっ

力の差が無い相手だっただけにミスの多さが敗因でしょうね。

明日からは娘達の代に変わるので悔いの無い一年を送って欲しいです。

く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!!ですね。

とこれが第一のショック。

次のショックは、狂犬病の予防注射を打ちに病院へ行ってきました。

体重6.3kg 順調です^^

で、気になるところを見てもらいました。
IMG_0913_convert_20080713223655.jpg


前回も見てもらったんだけど原因が特定できなくてね。
経過をを観察してたところだったのですが、一向に良くなりません><

再度、顕微鏡で検査しました。

<(T◇T)>わぁああああ!

顕微鏡の中でうっ、動いてるー!\(>o<)/ギャーッ!



ニキビダニ症(毛包虫症,デモデックス症)
<症状と原因>
ニキビダニの寄生によって起こる。通常、ニキビダニは犬の毛包内(毛穴)に常在していますが、このダニが異常繁殖して毛包虫症を発症する。発症すると、局部的、あるいは全身の脱毛や、皮膚が厚ぼったくなって黒ずむなどの症状が見られるが、かゆみはあまり伴わない。

ばい菌による二次感染が起こるとニキビ状のできものができ、患部がジクジクするようになる。治療には、駆虫用の薬剤を患部に塗布する方法や薬浴、抗生物質の投与などが行われるが、完治までには長時間かかる。

毛包虫の感染経路は、まだわかっていない面が多く、多頭飼育の場合でも、かかる犬とかからない犬がいる(統計的にはテリア犬種や短毛犬種に発症が多い)。

<治療の方法>
治療は脱毛の根本原因となるニキビダニを排除あるいは増殖を抑えることにあります。毛刈りと殺ダニ剤の薬浴で治療をおこない、脂漏症や膿皮症があれば同時に治療する。

また、成犬や老犬の場合、基礎にある疾患を発見し治療することが重要です。また、細菌の二次感染を抑えるため、抗生物質を投与することもあります。

↑これにかかってしまったようです( ̄□ ̄;)ガーン

かなりショックでした。

一ヶ月間毎週注射に行かなければならないようです。

注射自体はぜんぜん平気で診察中も大人しいんですそんなくるみが、

注射がしみるみたいで、きゅんきゅん泣くんです・・・見てるのが辛い・・・。

でも、ほっといても直んないし。頑張ってもらうしかない・・・。

治療もかなり長期間になるらしいんですよね・・・。

IMG_0910_convert_20080713223855.jpg
そうだけど、頑張んなきゃね。

ひどくなる前に見つかったので早く良くなるよう祈りつつ治療するしかないな~。( iдi ) ハウー

みんなも健康には注意しましょうね。

今日は非常~にショックな日だ(`m´#)ムカッ

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
↑↑↑参加しちゃいました。ペチペチッとよろしくっす。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tatan48.blog62.fc2.com/tb.php/54-8fdea0ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。